社会保険の欄もしっかりチェック!

ドライバーの求人に応募する前の準備

ドライバーの求人は、個人の荷物の取扱量の増加や人手不足の影響などで、一年を通じて豊富な求人がある状況です。また、求人誌や公共の職業あっせん所などからインターネットを通じた求人まで、さまざまな方法で応募が可能です。このような求人情報は常にアップデートされているので、応募する側はタイミングを逃さないようにしなくてはいけません。

応募を決める前には、まずそれぞれの求人の企業や仕事の詳細について目を通すでしょう。特に、インターネット上の募集情報はリアルタイムで更新されます。そのため、各求人の勤務の詳細や待遇など、いろいろな項目を素早く目視しなくていけません。その際に、働く時間帯や交代制の有無、時給などといった自分の求める条件と一致しているかどうかは、まず最初にチェックしておきましょう。

社会保険は忘れずにチェックしておこう!

会社情報や仕事の内容などの重要項目と合わせて、ドライバーの仕事に応募する前に必ず確認しておきたいのは社会保険の適用についてです。最近では、短期的な仕事やアルバイトであっても、社会保険が適用される範囲が広がってきています。

正社員に近い契約社員などに応募する場合は、ほぼ社員と同じように社会保険に入れると考えてよいでしょう。例えば、半年などの期間限定の運転手の求人があるとして、自分がそこに勤務した場合、労災保険をはじめとして雇用保険や厚生年金などの適用がどうなるのか確認することができます。ドライバーの仕事探しをする際は、正社員や非正規社員を問わず、きちんと社会保険が整っている職場なのか忘れずにチェックしておきましょう。

ドライバーの派遣は、即戦力となり必要な期間だけ働いてもらうことができるので、企業は効率よく無駄なく人手の確保ができます。特に繁忙期などには、非常にメリットのあるシステムです。