トラックドライバーとは?

全国各地の顧客を回る長距離ドライバーは安定収入を稼げる

トラックドライバーの仕事内容や役割は、勤務先の事業形態に大きく左右されます。そうした中、少しでも自分に合った会社を見つけたい人は、求職中に様々な運送会社や物流会社の資料を読み通したり、人事担当者に相談をしたりするのがおすすめです。例えば、全国各地の顧客のもとを回る長距離ドライバーの仕事は、昼夜問わず運転を任されるため十分な体力が必要となりますが、長期にわたり安定収入を得やすいといった特徴があります。また、正社員や契約社員の長距離ドライバーとして働く場合は、様々な社会保険に加入できるため、いざという時にも安心です。 なお、長距離ドライバーになるための条件は、それぞれの会社で仕事上で使用する車両の種類や在籍するドライバーの数、仕事量などにも影響を受けるため、じっくりと会社ごとの事情を自分なりに把握しておきましょう。

宅配業者のドライバーは毎日同じエリアを担当するケースが多い

宅配業者のトラックドライバーとして就職をする場合には、毎日営業所の周辺の同じエリアの顧客を担当するため、仕事を覚えやすく常連の顧客と良い関係を築きやすいといった魅力があります。また、全国規模で展開している運送会社のドライバーとは異なり、遠方への転勤の可能性が無かったり、特定のエリア限定で採用されたりすることもあり、馴染みのある地域で長く働きたい人に向いています。 最近では、ドライバー不足の問題を解決するため、パートやアルバイトのドライバーを増員する宅配業者の数が増えており、子育てをしている人や一度ドライバーを退職した人も働きやすい状況となっています。そのため、自分のペースで働きたい場合には、就活中にそれぞれの宅配業者のドライバーの勤務形態や労働時間について詳しく調べておくのが良いでしょう。

運転手の募集を行っている会社の中でも、宅配会社の配送ドライバーに関する募集が多のが特徴です。とりわけ、普通免許証でも運転できる近距離ドライバーの募集を行っている会社が目立ちます。