バスドライバーとは?

路線バスや高速バスのドライバーは正社員の募集が多い

バスドライバーの仕事は、業務中に大型車両を運転するため高度な技術が求められますが、正社員の求人が多く定年まで安定した待遇で働きたい人にとって大きな魅力があります。特に、路線バスや高速バスの事業を行っている会社の中には、採用されたばかりの正社員のドライバーを対象に丁寧な個別研修を実施したり、業務に必要な資格や免許の取得に向けたサポートをしたりしているところが目立ちます。 そのため、バスの運転に関心がある人は、早いうちから路線バスや高速バスのドライバーの給料や勤務シフト、教育制度などを確認して、長く働けそうな会社をピックアップするのがおすすめです。なお、バス会社によって一か月あたりの出勤日数や労働時間などに違いがあるため、慎重に自分に合った職場を見極めることが大切です。

ツアーバスのドライバーは一日限定で働くことも可能

ツアーバスのドライバーの仕事は、路線バスや高速バスとは異なり、一日限定で募集されることもあり、正社員や契約社員として働くことを希望しない人にとって身近なものとなっています。一般的に、ツアーバスのドライバーの勤務時間は日中が中心となり、夜間の運転を担当する機会も少ないため、あまり体力に自信が無い人や、昼間の時間帯に稼ぎたい人にとって大きなメリットがあります。ツアーバスのドライバーとして採用されるためには、ツアーの参加者に接する場面も多いことから、大型バスの免許を持っているだけでなく、社会人としてのマナーや常識も重視される傾向が見られます。そこで、時間を掛けて色々なツアー会社の採用条件や仕事に役立つスキルについて調べておきましょう。

運送業の求人で応募先を決める際は、自分の生活スタイルにあっているかがポイントになります。理由は、就業時間が早朝からだったり深夜からだったりしていないかをチェックしましょう。