タクシードライバーとは?

タクシー会社の正社員ドライバーは手当やボーナスが貰えることも

タクシードライバーの働き方は、大きく分けてタクシー会社に雇われるものと、個人タクシーの会社を立ち上げて一人親方になるものがあります。一般的に、タクシー会社に正社員として採用される場合には、勤務エリアが固定されたり、自分の希望通りに休めなかったりすることがあるものの、勤務の時間帯や曜日に応じて高額な手当が支給されたり、年に数回のボーナスを貰えたりと待遇面で大きな魅力があります。最近では、タクシードライバーの不足を解消するために、経営状態が良い大手のタクシー会社をはじめとして新卒者や中途採用者を対象に毎月の基本給をアップしているところや、家族手当や扶養手当を新しく用意しているところも増えています。

個人タクシーのドライバーは自由な時間に稼ぐことができる

個人タクシーのドライバーになるためには様々な手続きや実務経験が必要となりますが、会社に雇われる場合と比べて勤務時間を自由に選べたり、営業エリアを自分で決められたりといったメリットがあります。そうした中、近い将来に個人タクシーの会社を立ち上げて独立して働きたい人は、一定期間各地で評判が良いタクシー会社で正社員のドライバーとして経験を積んだり、仕事終わりや休日を利用して経営に役立つノウハウを身につけたりするのがおすすめです。また、個人タクシーのドライバーとして独立をした後に安定収入を稼ぐには、なるべく早いうちから様々な立場の成功者の体験談を参考にすることや、開業のために必要な免許を取得することも必要です。

タクシードライバーの募集では、第二種運転免許という資格を求められることが多いです。しかし、入社後に資格の取得を支援するために資格を持っていなくても応募可能という求人もあります。